断髪式

髪を切りましたわよ。
前から気になってたけど耳にかかる髪が気になってついに切りました。耳垢が多いのもしかして関係してるのかと思い。どうせ夏場になるしねぇ〜。はさみでじょきっとやって、あとはちっさなバリカンでやりましたが、まー大人しいこと!!wもっとバタバタするものかと思ってたらぽけーっとしてた。下に紙敷いて、支えておすわりしながらやりました。男の子っぽくなりました〜♡髪の毛はとっといたよん。

産院ごはん

ちょーーーいまさらだけど!毎日毎食おいしくって幸せだった!!!一食だけ促進剤打ってるときで食べられなくって旦那くんに食べてもらった。なお、その晩はフレンチメニューだったけど陣痛ピークで悶えてるときで食べられず…そしたらフレンチのお店にいけるペア券もらった♡これで後日旦那くんとフレンチデートできたから*1産院でいただくより良かったのかもしれない。これだけ美味しくて他にもなにかと至れり尽くせりだったのでわたしはもうこの産院でしか産めない…でも2人目は里帰り厳しいのかなーうーん。とにかくごはんが美味しかった。

*1:ぼっちゃんは妹家族がみててくれた

続きを読む

私の人生だった話

なんとなくわかっていたけど、”いったん”幕を閉じました。まずはお疲れさまでした。
If orが始まったとき、私はまだ地方で学生だった。翌年も学生だったけど、春からの上京直前だったから家探しを理由にチケットとったりした。以降からしばらくはチケットが手元にあるだけ行ける生活だったけど、年々チケットがとれなくなった。FC販売せずに電話先行でとれればラッキー、無理なら地獄、それでもコンビニに発売開始前にはりついていたのは今ではいい思い出だし、コンビニで戦って負けたことがない自分は今思えばすごかったんだと思う。熱量の問題だろうか・・・なにも特別なことはしておりません。画面タッチを少し頑張っただけです。
If orがⅩまで年数重ねていたわけで私も同じく歳を重ねた。Ⅵを観劇したあと彼氏ができて、翌日も観劇したからアンケートでヒナちゃんに報告したw*1Ⅶのチケット発売日に小旅行を予定してしまっており、でも仕方ないと凹んでいたら「ゆうちゃんの楽しみを奪うわけにはいかない!」って新幹線の時間を変更してくれた。*2Ⅷのときなんか、期間が結婚式とかぶってたけどなんとか準備も終わらせて1回見に行けた。Ⅹがまだ発表されていないとき、きっと今回は無理なんだろうなぁってぼんやり思っていたけれど、あるよって聞いたらやっぱり諦めきれなかった。このときも、「みてるから絶対チケットとりな」ってことで自名義で当選した。If orのチケットは想いに応えてくれる( ;∀;)無理なんだろうなぁって思ったけれど、どこかで幕を閉じることを予想していたところもあって行かなきゃなーとも思っていた。

1列目にも入ったし、楽も2回程入ることができた。
チケットやりとりするなかで、同担のお友達もできた。
グローブ座もブリーゼも行けた。
チケットが手元にくるまでは疲れるけど、If orの期間は私にとっては楽しく、人生になっている。

10年間、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。If orはヒナちゃんとそのときいるお客さんとの秘密の時間っていうイメージでそれがすごくすごく好きでした。ヒナちゃん担が多いんだろうけど、決してそうではなかったし、ただ、ヒナちゃんのことをかっこいい、かわいいって思ってる人たちがたくさんの場ではあったのであの空間がすごく好きでした。絶対めちゃくちゃ忙しい人なのに、毎年その楽しみをくれたことにありがとう。
少し寂しいけれども、またいつか会える日まで。

*1:正確にはグローブ座w

*2:無事にチケットをとりそのまま旅行へ

母乳外来

乳腺炎になったことが心配すぎて、東京に戻る直前に行ってきました。帰るまで1週間きったくらいに思いたって産院のスケジュールみてみたらたまたま東京戻る前々日に可能だったから予約した。
行ったらもういっきなり母乳マッサージされたよね\(^o^)/最後いつあげたの?さっき?!これで??!って。うん、病院他、育児書的なものの教えの通り母乳は欲しがる分だけあげたら機嫌も良かったし、乳腺炎も怖かったしだったんだ!け!ど!ちょっと前からとにかくゴボゴボ吐いてしまっていて。苦しそうだし着替えさせるし、あたしも着替えるレベルだったのでちょっと早めに口外してたんだよね。泣くよ、そら泣くけど、しばらくしたらおさまってたから。で、これが大間違いだと。吐くのは仕方ないからあげなさいっていろんな角度から。ってことでその場でわんわん泣きだしていた息子ちゃんにも欲しがるだけあげた、片乳しかあげてなかったのもよくなくて、両方から。そしたらすぐ寝た。
思い込みって良くないね。。乳腺炎なりかけたときあげないと!ってわかってたはずなのになぁ。そしてお腹空いてるのに離しちゃってごめんねってなりました(/ _ ; )
おばあちゃんっていうくらいのお年の方だったけどきびきびしてて話するだけでだいぶ不安が取れたかな。東京不安ってことを言ったらかかりつけの助産師を探すといいよ、私にも電話してきていいから!って言われたのもだいぶ心強かった。あと息子ちゃんよく育ってるし、おっぱいもいいおっぱい!って褒められたw息子褒められると母嬉しい♡
おっぱいたりてないんじゃないー?とは実母にも言って貰ってたのになんだか母に申し訳なかったな…母の言うことは違うとかの考えはなかったけどなんかそのときは1日何度も吐かれることに恐怖感があったんだと思う。ちなみにこの日以来しっかりあげたら自然と吐かなくなっていった。不思議。もちろんたまにキャパ越えて吐くこともあるけどなんてことないかな〜子にはわかってるのかもね、いろいろと。不安が取れたことが1番の収穫だった。そして東京の母乳外来と比べたら破格でした。

産後

友人や妹に出産も大変だけど産後がマジで大変!動けない痛い!って聞いてたのに翌日からピンピンしてたわたし。。トイレも怖かったけど意外と平気だったな、2日後にはおっきい方も出てたw確かに病院内スタスタ歩いてるとヨタヨタ歩いてる他のママとすれ違ったりして、ん?とはなったけど、まあ個人差ということで…シャワーも翌日から浴びさせてもらいましたわ。痛み止めも辛かったら飲んでわと渡されたが初日にとりあえず、と飲んだのだけでした。母子同室も最初はなかなか辛かったけど、毎日が違う発見でこうしたらよく寝るとか見つけるのが楽しかったり、お家帰ってからも言えることだったけど!でも夜は比較的寝かせてくれる子なのでかあちゃん助かってる!
遅れての出産にはなったけど、おかげで旦那くんとこれまでにない期間2人で過ごすことができて、これは息子くんからのプレゼントなんだなーって思うようにした。新婚旅行より長かったからなwいつ産まれるかわかんなかったからそりゃどこそこ動きはできなかったけどちょこちょこ買い物とかご飯食べにはいけてたからよかった。そして1週間休みくれただけでもすごいのに、まだ産まれません!でさらに延長してくれた旦那くんの会社にはマジ感謝だよ…有休ごっそりなくなったけどwそりゃそーだw退院1日前に戻っていったけど休んだ分働いてきてもらわんななー!
で、これを書いている今は産後3週間。息子くんはすくすくと成長しすぎていますがもうすぐ5キロて…\(^o^)/母乳だから仕方ないとは言ってもらえたけどなぁ。まあよく飲みよく出すし…。様子見ていきます。しっかし予約なしの病院つらかった、待ち時間2時間以上はさすがにこたえるーーー。

出生届を出しました

出産してからはバタバタだから!ってわかってて準備してたはずなのに結局グダグダになった(ノ∀`)3人で出生届は出したいねなんて話をしてしまって、一度東京に戻って、週末また旦那くんがくるからそのときに休日窓口に預ければいいかなーんて呑気なことをしてしまいました。そんなことしてたら児童手当…!!!!!まあとにかく早く出そう!って平日にあたしと息子をのっけて父に市役所連れてってもらって出してきました。すごーくドキドキしたけど、挙動不審なにいちゃんが(失礼)一生懸命対応してくれた。住んでる市に電話して確認とったり*1何かと時間がかかり、車で待っててもらってる父と息子が心配になったけど、母子手帳に書き込み始まってホッとしました。母子手帳受け取って、超丁寧に説明してくれてるけど、えっとを合計50回くらい言ってた←にいちゃんが突然「僕、〇〇の出身なんです…」※〇〇はあたしの住んでる東京の地名
マジかよwwwwwwwwwwそんなことあるのwwwwwwwビックリしました…って言われたけどあたしも地元の市役所の窓口に今住んでるとこ出身の人がいるとは思わねーわ。てかなんでこんなとこに?って逆に思わず聞いちゃったよね(´゚∀゚)これもご縁なのかな。帰るときに「最後に、遅くなってしまいましたが、この度はおめでとうございます!!!」って立って一礼されてほんと笑いそうになったけどすごく嬉しかった(*´∇`*)そして、息子さん無事に受理されてよかったね!

1月26日に出したいと思っていたわけじゃないよ、たまたまだよ!!!

*1:出したのは出生地